患者の命を護る仕事なのでもの凄い責任を感じます。

患者の命を護る仕事なのでもの凄い責任を感じます。だから精神的にもしんどい時があります。でも患者から採血うまかったよ、この前は話を聞いてくれてありがとう、などうれしい言葉をかけてくれるのでやりがいもあります。お金も生活に困らない程度はもらえています。ただサービス残業が多いです。また女性社会だから裏ではもの凄い悪口を言っているのに本人の前では笑顔で接している姿を見ると女性って怖いなとつくづく感じています。またチクチクと指摘してくる先輩、とくに30歳台は怖いなと感じます。自分の看護感を持っているから間違っていても何が悪いのみたいな雰囲気があり、すごく嫌味を言ってきます。そんな中でも男性看護師の中は結束してきます。飲みに行って、ためになる話も聞けるので楽しいです。

良かったことは、顧客に足しいて直接のサービスを行うので、その場でお礼を言ってもらえることです。特にお年寄りの方は、入院中にも退院時にも頭を下げて心からありがとう言ってくださいます。ああまでされるとさすがに嬉しくて、仕事をしていて良かったと思います。人からの感謝は想像以上に仕事のモチベーションを上げます。
 対して嫌なことは多々あります。この現場は間違いなくストレスがたまる場です。そしてこれは偏見ではなく実感なのですが、女性が多いということもあり、チーム内で陰険なやり取りが行われることがあります。用はいじめや嫌がらせが表に出ないだけで、かなりの数あるのです。これはされた本人は絶対に嫌だし、直接的に関わらずとも見ているだけで嫌になります。これは改善してほしいところです。

看護師になり、家族など身内の健康トラブルや大病、事故にも冷静に対応できるようになったのは良いことだった。子育てや介護でブランクが生じても、どうにか職場を確保できるのもメリットだった。反面、健康トラブルや人が亡くなることに対し、「冷静でいなくちゃ」と考えるあまり、思ったようにうまく感情が出せなくなったのには参ってしまった。悲しいのに涙が全く出てこない。泣きたいのに泣けない。そのうちうまく笑うことができなくなり、不眠や疲労が重なって、「このままではいつかミスを起こしてしまう」と悩むようになり、家族のすすめもあってしばらく休職することを決めた。職場での人間関係は緊張を伴うものではあったが、決して悪い環境ではなかったので、もっと自分をさらけ出し、先輩や同僚に相談できればまた違う結果だったろうかと後悔している。

看護師をしていて感じるのはやはり給与面はいいですがその分やっぱりしんどいし大変だなと感じています。夜勤はあるし人の死を見届ける場面もあります。唾を吐いたりたたいてくる認知症の患者さんもいます。色々ありますがやっぱり根本的にあるのは誰かのためになりたいという看護師を目指すきっかけになった気持ちです。それさえあれば頑張れます。もちろん嫌なことも同じ職場の人にキツイ人も沢山います。女の人が多いのでいづらさを感じる時もある人もいます。ただ退院するときや家族の方にありがとうね、助かりました。その一言だけ言ってもらえたらどれだけ嬉しい気持ちになるか。だから自分は看護師を続けていますしこれからも人のためにがんばりたいです。ことメディカル 奈良

認知症や脳疾患、精神疾患など、疾患による症状だとわかっているけれど

認知症や脳疾患、精神疾患など、疾患による症状だとわかっているけれど、仕事で忙しかったり、なかなか思うように仕事がすすめられない、話が通じないなど続くと、正直イライラしてしまうのが、申し訳ないと思う。しかし、家族さんや患者さんからちょっとしたことで「ありがとう!」と言ってもらえるこの仕事は、やっていてやりがいがあると感じられる。逆に、これが仕事なのに「ごめんね!」と言ってくれるのが、申し訳ないくらい。
ベテランの先輩が若手に注意することはよくあるけれど、色々怒る人に限って人として、倫理的におかしい言動をすることが多いと思う。そんな人に教えてもらいたいとも思わないし、逆に「あなたに教えましょうか?」と思うくらい。知識や技術があるのは尊敬するけど、変にプライドが目立ちすぎてもったいないし、そのプライドはしょうもないと思う。

病院で看護師をしていた頃はキャリアアップやスキルアップ、日々の勉強会と忙しい日々を過ごしていました。また、女性社会でもあるので、女性ならではのネチネチした人間関係もあり、ストレスを感じていましたが、医師を始めとする他職種との連携で患者さんの治療をするとか、日々良くなっていく患者さんの姿を見られることはやりがいにもなっていました。今は、福祉施設での看護師をしています。福祉施設で働く介護職と看護師はあまりうまくいかないという話を聞いたことがありますが、今、まさに実体験として感じています。福祉の考え方はわからなくもないですが、福祉と言えど、一つの命を預かり、生活を援助する以上は責任があります。その考え方がわかり合えない部分があり、病院とのギャップを感じ、ジレンマになっています。いつか、分かり合えるときがくればと思い、今は日々働いています。

看護師をしていて良かったと感じたことはやはり患者さんや患者さんの家族さんからの感謝の言葉や退院していった患者さんの元気な姿を見ることができたときです。やはり働いていると気難しい患者さんに対してのコミュニケーションの方法や看護に悩むことも多くありますが、悩みながら看護をして患者さんに名前を覚えてもらったりするとやりがいを感じてまたがんばろうという気持ちになります。しかし看護師をしていて辛いのはなによりも三交代勤務のため不規則な生活をしなければいけないことです。私が働いていた病院はスタッフ不足が深刻だったため、1ヶ月の勤務はほとんどが夜勤ばかりで常に寝不足な状態でした。また、福利厚生がずさんな状態で出産をしてからの復帰は考えられませんでした。スタッフはいい人が多い職場だったのですごくもったいないと思います。PTOT人材バンク しつこい

看護師の仕事は私にとって誇りを持てる仕事です。

看護師の仕事は私にとって誇りを持てる仕事です。患者様に対して、その時のベストを尽くしてケアをすることが出来たときは達成感があります。毎日忙しいですが、常に何かを習得することができるので、日々の業務の積み重ねがスキルアップに繋がります。この様に日々業務を行う中で、患者様から感謝の言葉をいただいたときは、看護師を続けていて良かったと思える瞬間です。
また、ある程度の知識や技術を身につければ、経験を生かして転職することも可能です。経験年数が給料に反映する職場が多いので、今までのスキルが全て有効に継続できます。結婚や育児でライフスタイルが変わったとしても、生活と仕事の両立を図れるように勤務を調整してくれる職場も多いです。これらに関しても、看護師をやっていて良かったと思う点です。

看護師になってよかったことはやはり収入面の安定です。一般企業に比べると拘束時間は長いし、夜勤をすれば勤務時間の変動も多く身体的負担は大きいですが、給与面はやはり一般企業よりはいいと思います。仕事内容は個々で合う合わないがあんると思いますが、私的にはやりがいもあり楽しい、定年まで続けられると思う仕事内容です。そして、看護師になってからも目指す分野、段階により成長していける面がメリットでもあり、やりがいにつながっていると思います。日勤夜勤と勤務時間の変動、激務で身体的にも疲れるし、課される課題や期待に応えなければならないなど負担は大きいかもしれませんが、一社会人として、一生成長していける素晴らしい職業だと思っています。

良かった事は就職に困らない。ある程度の収入を得ることが出来る。社会貢献が出来る。悪かったことはハードワーク。休日でも気持ちが落ち着かない時がある。常に仕事中はミスがないように緊張しているのに、患者さんの粗暴の悪さや、我儘に悩まされる。中にはセクハラをする人もいるが止めて欲しくても強く言えない。病院内は無法地帯と化している。女性の世界なのでグループ分けされ、学生のような苛めの末の退職に追い込むなとがあった。それに同調する人たちがまた違う人をターゲットにしてSNSで流している。上は病棟が回り患者にしわ寄せがいかなければ黙認している。ドクターのパワハラもすごい。看護師を見下しているドクターも中にはいるので、報告や質問時には馬鹿にしたような返事をする人もいた。

看護師として働いたことで、人との接し方を学びました。看護師は、患者さんとの信頼関係で成り立っていると思うので、患者さんに感謝されたり信頼されると看護師として働いて良かったと思います。産婦人科で働いているので、赤ちゃんに何かあると怖いと思うし、看護師の仕事が命を預かる仕事なのでその責任の重さが時には嫌だなと思うこともあります。また看護師だから当たり前とか医師や患者に思われるもの正直嫌です。私達も人間なのでいつも笑顔でいることは出来ません。時には患者さんに腹が立つこともあります。でもそれが患者さんからしてみれば態度が悪いだのクレームにつながります。いつも患者さんのワガママに付き合うことが出来ない事を患者さんにも知ってほしいです。メドフィット 紹介料

自分の子供が病気になった時、何かと対応出来る事です。

良かったことは 夜勤をしていれば、平日でも シフトの調整をして 子供の学校行事などに 比較的参加できたこと
平日週5で昼間働いている、ママさんの方が 大変そうだった。
PTAの役員も 事前に予定が立つので苦ではなかった。
悪かったことは 急に休むことが出来ないこと 熱さましを使って 保育園に行かせたりした。 そこまでして出勤しても外来勤務の時は暇でも帰れず、 うんざりした。
今はファミリーサポート等 サービスがあるようだが、子供の急な病気に なかなか解決策はない。
社内に保育室を作っている企業もあるようだが、急な病気も見てくれるのだろうか。
看護師だけではないが、急に休みたいときにも、ひとを減らすわけにはいかない業種は、具合の子供も勤務中預かるくらいのサポートをしてもらいたい。

看護師で良かったな。と思う事は自分の子供が病気になった時、何かと対応出来る事です。
風邪をひいた。骨折した。擦り傷等。
病院に行く前に処置出来る事です。
看護師になって後悔した事も沢山あります。
夜勤続きで家族との時間が減る事が1番辛いです。
まだ子供が小さい為寂しい思いをさせていると思います。
愚痴なら山ほどあります。
急な夜勤、残業、新人教育。
急な夜勤に応じないと職場に居づらくなる為応じていますが、そろそろ限界です。
職場にも家にも居づらくなってきています。
給料は沢山貰えて良いのですが家の事、子供の事が疎かになってきているので夜勤無しの病院に転職を考えています。
今すぐにでも今の職場を退職して少しは家でゆっくりしたいです。

良かった事は患者から感謝の気持ちを伝えて貰える事です。医者さんではないので自分の手で病気を治してあげるという事は出来ませんが医者のサポートや患者の心に寄り添うケアという仕事をしています。あなたがいてくれたから頑張ろうと思えたとか伝えて貰えた時、小さな頃から夢見ていた、なりたかった看護師の姿だと思い、その度に初心に返る様にしています。
悪かった事というより大変な事は、忙しい事です。自分のプライベートの時間を取る事が難しい時もありため息つきたくなる時もありますが、自分が選んだ道だし、やりがいを感じてるので頑張れます。
後は人間関係です。仕事も大変ですが人間関係が1番大変だと痛感してます。厄介な患者さんもいらっしゃいますがその辺は仕事ですし対応できます。
ですがそれよりも厄介なのがセクハラや嫉妬です。
医者の方が身分が上だと変に勘違いして手をだそうとしてきたり不倫なども耳にするので関わりたくないです。かいご畑 ニート